キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 婚約指輪とダイヤモンド : 婚約指輪ガイドサイト

婚約指輪とダイヤモンド

婚約指輪ガイドサイト

婚約指輪とダイヤモンド

婚約指輪にはやっぱりダイヤモンド、という方は少なくありません。

ダイヤモンド選びには4Cを基準に選んでいくということは皆さんもよくご存知かもしれません。

ダイヤモンドの輝きを決めるCUT(カット)、無色透明であるほど高いランクのCOLOR(カラー)、不純物やキズの有無をチェックするCLARITY(クラリティ)、ダイヤモンドの重さの単位CARAT(カラット)です。

それで、ここではダイヤモンドのカットを詳しくご説明したいと思います。

まず「ラウンドブリリアントカット」があります。

これは丸い形に仕上げたダイヤモンドで、ダイヤの婚約指輪では定番のカットになっています。

定番ではありますが、ダイヤモンドの魅力を最大限に引き出す形です。

その特徴は中心から放射線状に輝くことです。

次に「オーパルシェイブ」というものがあり、これは楕円形になっていてダイヤが大きく見えるのが特徴です。

丸型より存在感があります。

ですので、アームなどのバランスを見て作る必要がります。

さらに「ペアーシェイブ」というものがあります。

これは梨のような形をしていて片方の先がとがっています。

ネックレスによく使われるカット方法です。

また「マーキースシェイプ」という形があり、船を上から見たようなデザインです。

実際よりダイヤを大きく見せることが出来ます。

最後に「ハートシェイプ」がありこれはハートの形のダイヤでピンクなど色付きのダイヤモンドをカットするのに似合っているでしょう。

婚約指輪ガイドサイト

Copyright www.yeastinfectioneasyhelp.com All Rights Reserved