VIOを医療脱毛で行う場合と美容サロンで行う場合

VIOの医療脱毛と脱毛サロンのVIOを具体的な数字のもとで比較すると、どのような違いがあるのでしょう。

自己処理も含めてお話ししておきましょう。

▽医療脱毛と脱毛サロンの実質的比較。

医療脱毛による効果はVIOや全身脱毛に関わらず、施術回数の少なさと効果の大きさにあります。

これはある医療脱毛専門のクリニックが公表しているVIO脱毛の比較ですが、医療脱毛によるVIOの施術回数が、完了までに5回の通院、施術期間10カ月で済むのに対して、脱毛エステでは、18回以上の通院、期間にして3~5年程度かかるとされています。

通院・施術回数は、脱毛エステの3分の1以下ですから、患者の負担がそれだけ少なくて済むことがわかります。

▽自己処理による脱毛は危険・不衛生。

この脱毛処理を自分で済ませようとすると、ほぼ毎日脱毛処置に当たることになり、ケガやばい菌の体内侵入など危険もつきまといます。

また自身では肌トラブルのへの対応ができなかったり誤ってしまったりするため、処置が遅れて重症化することもあります。

脱毛サロンか医療脱毛かで悩むことはあるかと思いますが、少なくても自己処理でやり過ごすことだけはやめましょう。

▽施術期間が長く回数が増えれば、脱毛のための費用もそれだけかさみます。

医療脱毛のVIOは自由診療ですが結果的には安上がりです。

医療脱毛によるVIOには保険が適用されないので全額自己負担となり、割高に感じることもあるでしょう。

しかし永久脱毛で身体や時間の負担が少ないなどのメリットを考えれば割高よりも割安だといえます。